英語は予習をしたほうが授業がわかりやすい

英語はほかの教科と比べて、予習が必要な科目です。

 

とくに中学1年生や2年生は、英語の予習をする習慣をつけたいですね。

 

では、学校の授業を受ける前に何をしておくと良いでしょうか?

 

 単語と熟語の読めるようにしておく

 

英語の苦手な人は、英語を読む段階でつまづいてしまいます。

 

まずは学校で習う前に、読む練習をしておくとよいでしょう。

 

カタカナ付きの辞書を調べても良いし、教科書ガイドを買っても良いです。

 

スラスラ読めることが自信になります。

 

 単語の熟語の意味を見ておく

 

読めるようになった単語や熟語は、意味(日本語)を見ておきましょう。

 

予習のときに暗記する必要はありませんが、なんとなくでも構わないので
目を通しておきましょう。

 

また、教科書本文の中のどの部分に新しい単語が出ているか
チェックまでできればとても良いです。

 

英単語の意味(日本語)は、教科書の巻末や教科書ガイドで
調べることができます。

 

 学校の授業では、英文法と訳し方を学ぶ

 

中学校の授業では、単元ごとに新しい英文法を学びます。

 

文法の約束事やルールと、本文の訳し方をしっかりと学びましょう。

 

単語をどのようにつなげて訳すのか、本文全体の意味などを
理解できるようにしましょう。

 

英文法の基本を学ぶ無料プリントはこちら