授業の予習をするには

中学生の英語授業は復習だけでもいいでしょう。

 

部活動など忙しくて予習までしている子は少ないです。

 

しかし、単語調べなど簡単な予習が宿題にする先生もいますね。

 

そこで、簡単に次の単元の予習をする方法を紹介します。

 

それは「教科書ガイド」を使うことです。

 

ニューホライズン教科書ガイド

 

「教科書ガイド」は教科書にピッタリの参考書だと思ってください。

 

ニューホライズン・サンシャイン・ニュークラウンなど、

 

各教科書メーカーのものがあります。

 

新出単語の読み方、意味、本文の日本語訳、英文のポイントなど

 

教科書内容のすべてがわかるといってもいいでしょう。

 

大型書店に行けば売っています。

授業の復習方法

英語で大切なのは、新しい英文法の理解、

 

教科書の基本文と単語熟語の暗記です。

 

授業の復習もその3点に絞りましょう。

 

1、新しい英文法の復習

 

進行形・過去形・受身・現在完了など、

 

単元で学んだ英文法のルールを見直しておきましょう。

 

2、教科書の音読と和訳

 

教科書を声に出して読みます。

 

スラスラ読めたらOK.

 

3、単語・熟語を覚える

 

単語の意味、熟語の意味を確認し、書いて練習して覚えます。

簡単な復習法

授業の復習は毎日欠かさずやりたいところですが、

 

部活動でへとへとに疲れているかもしれません。

 

でも、学んだ事を放っておくとどんどん忘れてしまうので、

 

ほんの短い時間でも復習をしたほうがいいです。

 

オススメは、授業開始3分で前回の復習をすることです。

 

開始のチャイムが鳴ったら前回のページを開き、

 

小さな声で音読、ノートにサーっと目を通していきます。

 

 

英語と数学は積み重ねの科目です。

 

前の知識と今の知識はつながっているので、

 

一度つまづくと、次の単元もわからなくなります。

 

連鎖的に分からなくなることを防ぐためにも、

 

短い時間でも、必ず復習をしておくことをオススメします。

 

英単語の覚え方へ