be 動詞 is の練習

1年 ニューホライズン Unit2  1年 サンシャイン Program 5 の練習問題です。

 

be動詞 { is } を学びます。

 

be動詞の am, is , are は 「 = 」の意味ですが、

 

「〜です」と覚えるほうが覚えやすいかもしれません。。

 

日本語の並び方と英語の並び方が違うことを覚えましょう。

 

 

  英語の語順   〜は ・ = ・ 何・どんなだ

 

 

(例)      He   is   Jun.
英語順      彼は     ジュン
自然な和訳    彼はジュンです。

 

★ 例にならって英語順と自然な和訳を書きましょう。

 

1、      He is Ichiro.
英語順

 

自然な和訳

 

 

2、      She is Becky.
英語順

 

自然な和訳

 

 

3、      This is my book.
英語順

 

自然な和訳

 

is の疑問文、否定文

be動詞 are の疑問文(たずねる文)の作り方、否定文(打ち消す文)の
作り方を学びます。

 

英語のルールを覚え、身につけていきましょう。

 

 

  be 動詞を前に出し、クエスチョンで疑問文。

 

  be 動詞の後ろに not で否定文です。

 

 

    He is a student.   彼は学生  
    彼は学生です

 

疑問文 Is he a student ?
      彼は学生ですか

 

答え方 Yes , he is. No , he is not.
     はい、彼は学生です。    いいえ、彼は学生ではありません。

 

否定文 He is not a student.
      彼は学生ではありません

 

(例)にならって、疑問文・答え方・否定文を書き、日本語にしなさい。

 

1、  He is a tennis player.

 

疑問文

 

日本語

 

答え方

 

日本語

 

否定文

 

日本語

 

 

2、  She is a teacher.

 

疑問文

 

日本語

 

答え方

 

日本語

 

否定文

 

日本語

 

 

3、  This is a desk.

 

疑問文

 

日本語

 

答え方

 

日本語

 

否定文

 

日本語

 

 

 

一般動詞の練習問題へ

 

53点→81点になったプリント教材

 

ホライズン1年ホライズン2年ホライズン3年

 

ニューホライズン練習問題はこちら

 

サンシャイン1年サンシャイン2年サンシャイン3年

 

サンシャイン練習問題はこちら