勉強のスタートは音読から

 

 

英語のテスト勉強を始めるのに、

 

最初にやってほしいのは、教科書の音読です。

 

英語は言葉なので、スラスラと読めることが大切です。

 

国語も同じですが、苦手な子はつまづきながら読んでいます。

 

すらすら読めない状態では、文章の内容はわかりません。

 

読めてこそ内容を理解して、考えることができます。

なぜ音読するとよいのか?

音読をすると良い理由はいくつもあります。

 

1、英語の区切りやリズムがわかるから。

 

I know that / Kumi studies English / very hard.

 

英語はスラッシュ( / )を入れた場所で区切って読んでいきます。

 

この区切りが文節や意味のまとまりになっており、

 

音読がきちんとできれば、文章の意味理解もしやすくなります。

 

 

2、音読で脳が活性化するから。

 

英語の音読

 

※ 川島教授の資料より引用

 

音読や単純計算をしているとき、脳がよく働きます。

 

黙読やじっと考えているときより、赤い部分が多いです。

 

 

3、自分の声を聞くことで、覚えやすくなるから。

 

何かを覚える方法はいくつかあります。

 

  • 目で見て覚える
  •  

  • 口で音読して覚える
  •  

  • 手で書いて覚える

 

なるべくたくさんの器官を使って覚えるのがいいです。

 

音読すると、口を使うと同時に耳も使います。

 

口で声に出すことと耳で聴くことで、効果が2倍になります。

 

単語の読みがわからないとき

教科書の単語の読み方がわからないときは、どうすればいいでしょうか?

 

方法はいくつかあります。

 

1、「よみがな」付きの英和辞典を購入。

 

中学生用の英和辞典でも、カナつきのものが増えました。

 

書店で手にとって比べてみましょう。

 

2、ネットで調べる

 

有名なのは「スペースアルク」ですが、

 

他にもWEB上の辞書はたくさんあります。

 

気に入ったサイトを登録して使ってもよいでしょう。

 

3、電子辞書を買ってもらう

 

高校生には必携の電子辞書。

 

高額ですので、お父さんお母さんに相談しましょう。

 

4、教科書ガイドを使う

 

次のページで説明しています。

 

次の「教科書内容の理解」のページへ

 

 

無料プリントはこちら

 

練習問題
解答

 

練習問題と正解がセットになったプ無料のプリントです。