基本文と単語、熟語を覚えよう

ここまでの勉強の流れを復習します。

 

1、教科書の音読ができる
      ↓
2、単語や本文の和訳ができる

 

さて、いよいよテスト勉強開始です。

 

英語のテストは、7割くらいが英語を書く問題です。

 

具体的に問題の種類をみてみましょう。

 

 

  リスニング

 

 単語や熟語の穴埋め問題

 

 基本文をそのまま書かせる問題

 

 基本文を疑問文や否定文に変える問題

 

  本文を和訳させる問題

 

  本文の内容を問う問題

 

 英語の質問に英語で答える問題

 

 単元の英作文

 

 

 が付いたものが、英語を書く必要がある問題です。

 

ですから、英語がスラスラ読めるようになったら、書いて覚える練習をたくさんします。

 

では、何を優先して覚えればいいでしょうか?

基本文と単語・熟語を覚える

1、基本文を覚える

 

基本文は、その単元で学ぶ新しい文法表現の英文です。

 

 

ニューホライズンであれば、教科書下部に書いてある英文、

 

サンシャインならBasic Dialog(ベーシックダイアログ)です。

 

これらの太字になっている部分が新しい英文法です。

 

この英文の意味が分かった上で、暗記します。

 

暗記するときは疑問文・否定文もいっしょに覚えてしまうと効果的です。

 

基本文の  I walked around the park yesterday

 

だけでなく、

 

疑問文   Did you walk around the park yesterday ?

 

答え方   Yes, I did. No, I did not.

 

否定文   I did not walk aorund the park yesterday.

 

これらもセットで覚えると英語の仕組みも一度に理解できます。

 

 

2、本文中の定番表現を覚える

 

会話中心の単元なら、定番(決まりきった)表現も覚えましょう。

 

May I help you ?

 

Can you tell me the way 〜?

 

Turn left at 〜

 

これらも覚えていれば、並び替えの問題や英作文もスラスラ解けます。

 

 

3、熟語・単語を覚える

 

単語が単独で出題されることは少なくなりました。

 

熟語は穴埋め問題でよく出ますよね?

 

単語より熟語を優先的に覚えるほうがよいでしょう。

 

英語ワークのやり方へ

 

53点→81点になったプリント教材

 

ホライズン1年ホライズン2年ホライズン3年

 

ニューホライズン練習問題はこちら

 

サンシャイン1年サンシャイン2年サンシャイン3年

 

サンシャイン練習問題はこちら