英検対策

中学生は3級を取得しよう!

英語の検定はいくつもありますが、

 

中学生には今だに「英検」が定番ですね。

 

目安は中学1年で5級、2年生で4級、卒業程度が3級です。

 

3級を取れれば中学校でしっかりと英語を学んだ証拠といえます。

 

もし準2級に合格できたら、英語に非常に興味をもって

 

人以上の努力をしたことになります。

 

また、高校入試の内申でも、3級以上を評価対象とする場合が多いです。

 

実際、3級を取れれば「英語はまあまあ得意」といってよいでしょう。

 

どんな高校に入学しても英語の授業はありますし、

 

大学受験にも必修ですから、中学のうちも苦手にしないようにしておきたいです。

問題集を一冊やればOK

中学生は中間テストや期末テスト、部活動もあり、

 

英検だけに絞って勉強する時間がありません。

 

ですから、あれこれ問題集に手を伸ばすより、

 

決めた1冊をやって、間違えた問題を繰り返しましょう。

 

問題集ですが、「10日間で完成」など短期間でできるものはお勧めしません。

 

ダイジェスト版のものだと、しっかりとした知識はつきませんし、

 

終わった後も不安感が残ると思います。

 

どうせならしっかりと勉強して、確実に合格したいですよね?

 

すぐ終わるようなものや過去問集よりも、

 

ある程度の分量がある対策問題集をおすすめします。

 

高橋の英検問題集

 

個人的には、高橋書店の問題集をおすすめします。

 

見開きで、左ページが問題、右ページが答えと解説となっているので、

 

すぐに始められて答え合わせも一瞬でできます。

 

別冊解答を開いて・・・面倒ですから。

 

ただし、間違えた問題はチェックを入れて、必ず何度も解きましょう。


無料プリント ニューホライズン練習問題 サンシャイン練習問題 高校入試長文読解 成績が上がる勉強法