高校入試英語勉強法記事一覧

英語のスラッシュリーディングを説明する前に、長い日本語にスラッシュを入れた例文をみてみましょう。  晴れていたので、私は昨日友達と一生懸命にサッカーの練習をした。これにスラッシュ{ / }を入れてみましょう。  晴れていたので、/ 私は/ 昨日 / 友達と/ 一生懸命に/ サッカーの練習をした。このように、文節や意味のまとまりに区切りを入れて、意味のまとまりごとに訳していく読み方をスラッシュリーデ...

英語の長文を見ると、たくさんの文章がずらりと並んで苦手な人は、見ただけで「はぁ〜」とタメ息が出るかもしれませんでも、一つひとつの文章はそれほど難解ではなく、中学で学んだ構文の範囲です。難しそうに見える長文問題も、基本文の単語を変えた英文でしかありません。ですから、英語が苦手な人は、まず中学3年間で習った基本文の復習をしっかりとやりましょう。基本文とは、教科書の各単元の最初に習う英文法の例文のこと。...

長文問題を勉強する受験生にとって、本文と問題(問い)のどちらを読めばいいかは、大きな問題ですね。問題に目を通しながら、該当箇所を本文から探す・・・これも一つの方法ですが、リスクが大きいと思います。いろいろな方法を試した結果、最良と思われる方法。「問い」は、さっと目を通すけれども覚えきれないので、本文を読みながら、問いを順番に解く。これがやはり最速で正攻法かと思います。

指示語とは、日本語の「あれ・それ・これ」を意味する言葉です。つまり英語では、that , it , this などのことです。複数のものを表すときは、 these , those となります。英語の長文問題では、これらの指示語に傍線が引いてあり、「傍線部は何か英語で(日本語で)答えなさい」「傍線部の内容を日本語でまとめなさい」といった問題が出ます。指示語の問題はどうやって解けばいいでしょうか。

英作文の練習で覚えておきたいこと。それは「シンプルな英文が一番」ということ。とくに自由英作文が難しいと感じてしまう人は、テーマについて思いついた日本語をそのまま英語にしようとするから。例えば、「あなたの大切なものについて5文で書きなさい」私の大切なものは母に買ってもらったキレイな時計です。これをそのま英語にするとこうなります。The most important thing is the beau...