高校入試英語長文

中学の英語構文の復習

英語の長文を見ると、たくさんの文章がずらりと並んで

 

苦手な人は、見ただけで「はぁ〜」とタメ息が出るかもしれません

 

でも、一つひとつの文章はそれほど難解ではなく、

 

中学で学んだ構文の範囲です。

 

難しそうに見える長文問題も、基本文の単語を変えた英文でしかありません。

 

ですから、英語が苦手な人は、

 

まず中学3年間で習った基本文の復習をしっかりとやりましょう。

 

基本文とは、教科書の各単元の最初に習う英文法の例文のこと。

 

受身とか、現在完了とか、it is 〜、how to とか・・・

 

各ユニットやプログラム、レッスンで学ぶ例文のこと。

 

その基本文3年分を、スラスラ読めて、訳せて、書けるようにしておきましょう。

 

3年生の教科書の最後の方にまとめて書いてあります。

 

基本文一覧

 

最初は英語→日本語が大丈夫か確かめましょう。

 

次に、日本語→英語もできるようにしておきます。

 

総復習ができたら、長文練習を始めてみましょう。

主語と動詞を大切に

 

基本文の総復習をしたら、

 

対話文の練習から始めるとよいでしょう。

 

AさんとBさんが話しているような英文です。

 

生徒と先生の会話もよくありますね?

 

日常会話や雑談に近いので、内容はそれほど難しくありません。

 

できる

 

英文を訳していくときは、主語と動詞に注目します。

 

主語は「〜は」「〜が」にあたる単語です。

 

動詞は「〜する」や「=(be動詞・look・become)」のことです。

 

 

例1)   I play  tennis every day.

 

      私は する テニスを 毎日

 

      Ken talked with Mr.Suzuki.

 

      ケンは 話した 鈴木先生と

 

例2)   She is my sister.

 

      彼女は=私の姉妹

 

      My father has been in London.

 

      私の父は ずっといる ロンドンに

 

 

英語は最初に主語と動詞を書いて、「だれがどうする(だれが何だ)」を主張します。

 

対話の内容をつかむのに、主語動詞はとても重要です。

 

なぜなら、主語動詞を間違えると話の内容が変わってしまうからです。

 

英語がわかった!長文が読めた!合格できた!

 

英語マスター

 

10日間で高校入試英語マスタープログラム!

 

英語長文を読むには?関連ページ

スラッシュリーディング
スラッシュリーディングは、英語の長文問題を解くのに欠かせません。スラッシュリーディングを身につけると、英文を読むスピードが上がり、理解も早くなります。
長文読解法
指示語の解き方
高校入試英語長文によく出る指示語や内容を問う問題の解き方を説明しています。
英作文の対策

無料プリント ニューホライズン練習問題 サンシャイン練習問題 高校入試長文読解 成績が上がる勉強法